ホームページ
低解像度バージョン
ロングビーチ港について港湾委員会財務貿易環境コミュニティコンタクト先リンク集
ホーム > ロングビーチ港についてストーリーをEメールで送信する印刷用フォーマット

ロングビーチ港とは

Port of Long Beach

ロングビーチ港は、米国の主要港の一つで、物資輸送と環境保全活動の先駆者的存在です。

年間貿易額1800億ドル超の物資の経由地であるロングビーチは、取引量米国第2を誇る港です。衣類、靴、玩具、家具、家電などあらゆる製品が当港で水揚げされ、その後国内のさまざまな店舗の陳列棚に並べられます。石油、自動車、セメント、木材、鉄鋼などの物資には、専用ターミナルがあります。

主要な経済力の担い手として、当港では3万人以上の労働力をロングビーチで雇用し、南カリフォルニア地域では31万6千人、米国全体では140万人を雇用しています。州内の関連の賃金合計は、年間約160億ドルにものぼります。

環境への悪影響の低減・削除を目的としたグリーンポート ポリシーを掲げているロングビーチ港は、イノベーティブな環境プログラムの擁護者です。世界各地の港のモデルとして、ロングビーチ港は、グリーンフラッグ船舶速度低減大気質プログラム、環境誓約を伴うグリーンリース、サンペドロ湾港空気清浄化アクションプランなど、数々のプログラムを先導してきました。さらに、コンテナターミナルに陸上電力を供給する方向に積極的に尽力しています。停泊中の船舶が陸上からの電力供給を受けることで、補助エンジンを動かして発電する必要が無くなり、ディーゼル燃料消費による排出ガスが削減されます。各コンテナターミナルとも、少なくともひとつの停泊位置に陸上電力設備があります。2020年までに、全ての停泊位置に、陸上電力が供給されることになります。

積極的な戦略を掲げ、世界中のどの港よりも迅速かつアグレッシブに、空気清浄化運動を進めています。

これが、ロングビーチ港が国際的には世界最高の港の1つとして、また地域的には地域社会の発展に貢献するパートナーとして認められている理由の一部です。

ロングビーチ港について港湾委員会財務貿易環境コミュニティコンタクト先リンク集
 Civicaソフトウェア
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software